猫と人の未来を見据える”猫付き”マンションが拡大中

2014年3月1日13時12分 アラウンドタウン

neko 2014-03-01 12.12.04
3月に入り、これから新しい環境に身を置くという人も多い季節を迎えようとしている。新たな住居を探すとき、あなたの求める条件は何だろうか。立地、間取り、デザイン、キッチンはどうか、日当りは?動物好きにとっては、ペットOKは必須条件だろう。では、ペットOKではなく、「猫付き」はどうだろう?部屋と一緒に、生活を共にする猫も選べる。そんなシステムが広がりつつあるのだ。

スクリーンショット 2014-03-01 12.09.29

この「猫付きマンション」は、猫の殺処分0を目指すNPO法人の東京キャットガーディアンが始めたものである。猫カフェスタイルの常設の譲渡会場(シェルター)を持ち、行政からの猫の引き取りや譲渡に加えて、地域猫活動に欠かせない猫の手術専門「そとねこ病院」の運営や、啓蒙活動も行っている同団体が、高齢者ペット問題など「やむを得ない事例で、飼い主の責任とは言いがたい」 ケースの救済に関して必須となる、成猫の保護場所の確保のために考えだした打開策なのだ。

スクリーンショット 2014-03-01 12.13.47

飼育を希望する場合、面談を行った上で、猫の所有権を得るというかたちではなく、一時保護の場所として猫と暮らすことができるという仕組み。行き場を失った猫たちと、猫を飼いたいという住居人を結ぶ画期的なシステムといえる。こうした切実に求め合うなかでの結びつき方こそ、本来の人間と動物の関係であるといえないだろうか?新居探しの条件に、新たな仲間との生活も是非、加えて頂きたい。

詳細はこちら

スクリーンショット 2014-03-01 12.13.24
スクリーンショット 2014-03-01 12.12.34

タグ: , ,