坂本慎太郎ワールド全開のニューアルバムアートワークがお披露目

2014年4月15日20時15分 音楽

zel-012 jacket 中

2010年のゆらゆら帝国解散後、ライブ活動こそ無いものの黙々と自らの理想の音楽を追求する坂本慎太郎が、2014年5月28日にセカンドアルバム『ナマで踊ろう(Let’s Dance Raw)』をリリースする。待望の新譜発売に先駆けて、坂本慎太郎本人が書き下ろしたアルバムアートワークが公開された。

一瞬言葉を失ってしまうような強烈なインパクトのアートワークだが、これが新作の雰囲気を表しているのだろうか。公式サイトによれば「全くトロピカルではないスチールギターが、底抜けに明るいバンジョーが、人類滅亡後の地球でむなしく鳴り響く。構想&妄想約2年、坂本作品史上最もシリアスで、最もポップな入魂のコンセプトアルバム」ということだが、時代を象徴する1枚として絶賛されたソロデビュー作『幻とのつきあい方(How To Live With A Phantom)』から一体どんな変化があったのか、その全貌に期待が高まる。

sakamoto new 小2014

アルバム発売まで待ちきれないという人は、当ブログでも紹介したメイヤー・ホーソンとのスプリット盤が今週末4月19日にリリースされるのでこちらもチェックしてみてほしい。坂本がボーカルをとる『Wine Glass Woman』は、ファレル・ウィリアムスのプロデュースによる都会的な魅力と、坂本がゆらゆら帝国のラストアルバム『空洞です』で辿り着いた「からっぽ感」とが混じり合う秀逸な1曲だ。

詳細情報

『ナマで踊ろう』坂本慎太郎 

※初回限定盤のみ紙ジャケ仕様 /初回&通常盤共に2枚組仕様

01. 未来の子守唄 (Future Lullaby)
02. スーパーカルト誕生 (Birth of The Super Cult)  
03. めちゃくちゃ悪い男 (Extremely Bad Man)
04. ナマで踊ろう (Let’s Dance Raw) 
05. 義務のように (Like An Obligation)
06. もうやめた (Gently Disappear)
07. あなたもロボットになれる (You Can Be A Robot, Too)
08. やめられないなぜか  (Why Can’t I Stop?)
09. 好きではないけど懐かしい (Never Liked You, But Still Nostalgic)
10. この世はもっと素敵なはず (This World Should Be More Wonderful)

All Songs Written & Produced by 坂本慎太郎

zelone records ホームページ