渋谷にオープンするHMV record shopをレポート

2014年8月1日20時31分 音楽

DSC_2659

渋谷に新名所誕生となるか。
HMVが2014年8月2日(土)にオープンするHMV record shopは、その名の通りアナログレコードを中心に取り扱う大型レコードショップだ。CDなどのフィジカル商品の売り上げが不振の今、あえてアナログレコードにこだわった店舗をオープンする同社の新たな展開に、注目が集まっている。
先日惜しまれつつ閉店となったDMRの跡地に現れた同店の様子を、ひと足先にレポートする。

DSC_2677

同店が店舗を構える渋谷区宇田川町といえば、90年代にはレコードショップの聖地として、日本のクラブカルチャーの中心地だった場所だ。2010年に閉店したHMV渋谷店も、「渋谷系」ムーブメントを牽引する存在として君臨していた。

DSC_2567

入り口付近のブースや棚には、現在では入手困難な名盤や注目の若手の新譜をアナログ化した『HMV EXCLUSIVE』が並ぶ。現時点でおよそ20タイトルが用意されている同シリーズには、既に多くの予約が入っている。また、現在の10代、20代に人気のあるアーティストの音源のアナログ化も、今後、積極的に行っていくという。

DSC_2617

DSC_2607

オープン前日の8月1日(金)にはプレス向けの内覧会が行われた。同店店長の挨拶の後に壇上に上がったのは、同店の事業責任者であり、自ら欧米に赴き音源の買い付けも行った小松正人。

DSC_2597

自らが5000枚以上のレコードコレクションを所有する小松だが、同店オープンに至る経緯として、「ここ数年のCDの売り上げダウンを補完するため、中古商材への参入を計画した。中古市場には既に強力な競合店がいるため、専門性の高いショップを目指す必要があると判断し、そのためにはアナログレコードは不可欠であると考えた」と語った。
また、「HMVの客層は、HMVでCDを買いつつ、他店でアナログレコードを買う人も多い」という点や、近年、レコードストアデイなどの影響で徐々にアナログへの関心が高まっていることも、同店のオープンに大きく影響しているようだ。

DSC_2659

総点数は約8万点で、その6割がアナログレコードだ。
品揃えに関しては、60年代〜90年代の洋楽が8割を占め、残りが邦楽となる。
宇田川町にDJや音楽マニアがひしめきあった90年代には、DJに人気のある12インチ盤のレコードが主流だったが、現在人気があるのは自宅でゆっくりと楽しめるLP盤や手軽な7インチ盤。同店もそれらを中心とした品揃えだ。

DSC_2661
DSC_2566

1階フロアでは洋楽ロックや邦楽のロック、ポップスのアナログと、中古CD、関連書籍、ポータブルプレーヤー、オーディオアクセサリーが展開されている。
試聴用には、レーザー式高級オーディオセットを用意。盤を傷つけることなく最高の音響で試聴が可能だ。

DSC_2618総額500万円のセットが用意された試聴機

DSC_2613店内にあるジュークボックスには、『HMV EXCLUSIVE』のラインナップが入っている

DSC_2623

2階は中央をソウル、レゲエ、ジャズなどレアグルーヴ系フロアとし、奥の部屋には7インチやカセットテープが並んでいる。

DSC_2625
DSC_2645
DSC_2656
DSC_2641

DSC_2627ターンテーブル用のカートリッジも販売している

インストアイベント用のDJブースには、パイオニアが30年ぶりに新発売することで話題のターンテーブル『PLX-1000』を設置。有名DJを招聘し、アナログの醍醐味を発信していく。

DSC_2635
DSC_2637

店内を見て回った印象としては、現在宇田川町で生き残っている他店のようにDJ向けの品揃えではなく、アナログレコードがリアルタイムだった世代や、アナログの音質やジャケットなどの魅力に目覚めた新たな世代に向けた、間口の広い品揃えだ。アナログレコード復権への大きなきっかけとなるか、今後に期待したいところだ。

HMV record shopの詳しい情報はこちら

DSC_2642

DSC_2671
600800

DSC_2672
DSC_2666
DSC_2630

タグ: , , , ,